公認会計士の通信講座〜比較・おすすめ・ランキング

公認会計士の魅力


国家資格の中でも有数の難易度を誇る公認会計士の資格には、それに見合うだけの大きな魅力があります。

 

高収入と安定したニーズ

公認会計士の平均年収は1000万円を超えます。

 

大企業のサラリーマンの平均年収が500万円〜600万円程度であることを考えれば、高収入が約束されていることは大きな魅力です。

 

また、どんな規模や業種の企業でも必要となる会計をフィールドとしたプロフェッショナルである公認会計士に対する市場ニーズは非常に高いものがあります。

 

将来を見据えても、会計の国際化や上場企業の内部統制の義務化などの法改正が追い風となり、需要は高まるばかりでしょう。

 

弁護士や司法書士など、高いステータスを持つ法律系国家資格ですら「食えない資格」と言われて久しいこの時代に、収入の心配がない公認会計士のアドバンテージは大きなものがあるといっていいでしょう。

 

社会的なステータスの高さ

公認会計士の社会的な地位の高さは、医師、弁護士と並ぶ「3大国家資格」と呼ばれることからも分かります。

 

独占業務である監査業務は、企業活動の公正さを担保することで、経済の健全さを保つ社会的に重要な仕事です。

 

大きなやりがいに加え、社会的にも認知度が高い公認会計士の仕事は、誇りを持って行うに足るものと言えます。

 

専門職として性別や年齢問わず活躍できる

公認会計士の業務は非常に幅広く、主なものだけでも監査業務、税務業務、アドバイザリー業務、コンサルティング業務などがあります。

 

また、公認会計士としての知識と経験は、独占業務以外にも役立ちます。

 

会計をベースとして企業活動への深い洞察を身に着けた公認会計士の中には、企業の顧問、社外取締役、経営のパートナーなどの形で活躍している方が数多くいます。

 

また、独立した専門職として、男女平等な世界で、生涯現役で活躍できることも魅力のひとつです。

 

なお、公認会計士となった後に登録を行うことで、「税理士」「行政書士」としての仕事も行うことができることもメリットです。

 

自由なキャリアプランを描くことができ人生の選択肢が広がる

ここまで見てきたように公認会計士の活躍の場は非常に幅広く、自分のやりたいことや興味のあることを選択しながら、プロフェッショナルとしてのキャリアを積んでいくことが可能です。

 

同じコンサルティング業務でも、大企業相手とベンチャー企業ではその仕事の中身は大きくことなります。

 

また、どこで仕事をするのかも自由なので、大都市で大きな企業を相手としてスケールの大きな仕事をするのか、地方で地元に密着した企業のサポートをするのかということも選択できます。

 

さらには、大手の会計事務所であれば、海外赴任や海外出張などもあり、グローバルに活躍することも可能です。

 

このように、自分の求めるキャリアのあり方を主体的に選択し、自分の人生のデザインを自由に描くことができることこそ、公認会計士の最大の魅力なのかもしれません。

page top